Blog&column
ブログ・コラム

電気スイッチの修理をするには資格が必要

query_builder 2021/11/15
コラム
36
「電気スイッチが故障した!」という時は、どうするべきなのでしょうか。
ちょっとした故障であれば、「自分で修理できるかも」と考えるかもしれません。
しかし電気スイッチの修理や交換電気工事業者依頼する必要があります。
その理由について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

▼電気スイッチの修理には資格が必要
資格がない状態で電気スイッチの修理や交換を行うと、危険なだけでなく罰則などが生じます。
電気工事は漏電や火災の危険などがあるため「電気工事士」の資格が必要だと定められているのです。
有資格者であったとしても、慎重に工事を行わなくてはなりません。
そのため、作業手順自体は簡単だと感じても、きちんと電気工事業者依頼しましょう。

▼費用に不安を感じたら見積もりを依頼しよう
電気工事業者に頼むのは費用的に不安」と感じる人もいるでしょう。
そんな時は事前に見積もりを依頼してください。
納得のいく金額で工事をしてくれる業者を選ぶことが可能です。
あらかじめ費用の予測が付くなら安心して依頼出来ますよね。

▼まとめ
動画サイトなどでは、修理や交換の手順が紹介されている動画もありますが、素人による電気工事は罰則の対象となります。
非常に危険ですので、電気スイッチの交換は必ず業者依頼しましょう。
東京都内で電気工事業者を探しているなら、「サンコー電器株式会社」にご相談ください。
施工開始前にはお見積もりを実施しておりますので、安心してご利用いただけます。

NEW

  • 千葉

    query_builder 2021/06/23
  • サンコー電器(株)は地域密着店です

    query_builder 2021/03/26
  • 電気スイッチの修理をするには資格が必要

    query_builder 2021/11/15
  • 電気スイッチの交換には「電気工事士」の資格が必要

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE